猫が星見た

映画の感想

エンター・ザ・フェニックス(大佬愛美麗)

うわーーークソつまんない。香港でおナルな映画を撮る監督ってチャウ・シンチーくらいかと思ってたけど、スティーブン・フォン、お前もか!!しかしシンチーは映画自体が面白く、主役(監督)No.1は笑いの後からついてくる要素、または笑いの為に必要不可欠な要素だったのでそのおナルさはシンチー色として捉えることが出来たが、これはもう映画の内容が酷すぎる上の痛々しいほどのナルナルしさで、私は昔スティーブン・フォンのファンだった過去を消し去りたいと思った。他の人にセンスも勢いもないギャグやらせて、自分のシーンは常に難しい顔でかっこいいモード……しかもその彼が設定する所のかっこよさって小学生がかっこいいと思うようなレベルなんだよなあ。親殺されて復讐を誓う孤独で寡黙なヤクザ、ってさ恥ずかしいー。こんな恥ずかしい人だったとはね……。
ゲイネタ、というか小汚いおっさんがイーソン・チャンに色目を使う感じはシンチー映画を意識してるんかなーという感じで(濡れた髪の毛を振り乱すシーンとかシンチー映画でよう観たぞ)、コミカル+アクションという組み合わせ方にはジャッキー色を感じるが、どちらも全く成功しておらず。アクションを必要以上にかっこよくみせようとしていたのもイタかった。なんつーか北村龍平のアクションみたいな、全く血の通ってない感じ。
考えてみれば香港映画にはこの作品よりももっとくだらなくて幼稚なものがあるが、でもそれが最高に魅力的で面白く感じることが結構あって、それは観客に楽しんでもらいたい精神が強くあるからではないかと思う。香港映画において、この映画のように、自分のかっこいい姿を見てくれよ!みたいな気持ちで挑むのは御法度であろうと思う。
あとこの映画で気持ち悪かったのは、ダニエル・ウーイーソン・チャンの扱いの変な均等さ。なんでわざわざどっちが主役かわからんようにしてるんだろう。顔と話の流れからいって絶対ダニエル・ウーが主役なはずなのに、イーソン・チャンが途中すごいでしゃばってきて、ダニエル・ウーが脇役と化していた。のに、最後はダニエル・ウーで締めていた。なんだろう、これ。カレン・モクの役どころもただの変な女だった。そいでジャッキーはお金出したからって唐突にラストシーンを飾るのはもうやめてくれい。プロデューサーは裏方だってことを学んで欲しい。ついでにスティーブン・フォンにも監督は裏方だってことを学んで欲しい、というかセンスを学んで欲しい、というかもう映画を撮らないで欲しい。
チャンネルNECOで・2007年9月17日)

エンター・ザ・フェニックス [DVD]

エンター・ザ・フェニックス [DVD]