猫が星見た

映画の感想

90分台

冬冬(トントン)の夏休み(冬冬的假期)

台北の小学校を卒業したトントンは妹のティンティンと二人、夏休みを田舎で開業医をしている祖父の家ですごす。母が入院し、父は看病でつきっきり(少し「となりのトトロ」にも似た設定だ)。年若の叔父に付き添われ、台湾西北部のトンローまでいくはずが、…

東京画(TOKYO-GA)

ドイツ人ヴィム・ヴェンダースが、自身の敬愛する小津が描いた東京を訪れるドキュメンタリー。 私はいまだにドキュメンタリーの良し悪しが全く分からない。というか見方が分からない。 日本人である自分が外国人が撮った昔の日本の映像(しかももう自分は産…

バンディダス(BANDIDAS)

「バニラ・スカイ」のペネロペ・クルスと、「デスペラード」シリーズのサルマ・ハエックという、ラテン系セクシー美女2人が1840年代のメキシコを舞台に暴れまわる娯楽大作。彼女たちの見事なガンさばきや、コスプレのようなセクシー衣装が楽しめる。父親を同…

アニー・ホール(ANNIE HALLANNIE HALL)

男と女の出会いと別れ。うだうだ喋り続けるアレン。ザ・アレン節。 気分次第では面白い映画。 実は私はアレンの映画を見るとき面白いことは全く期待していない。 ただアレンの一人芝居を見よう、それだけ。 アレンの喋りをだらだら聞くだけで真剣に観る気は…

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR)

本国ドイツで大ヒットとなったアクション・ロード・ムービー。余命わずかと宣告され、たまたま末期病棟の同室に入院させられたマーチンとルディ。二人は死ぬ前に海を見るために病棟を抜け出し、ベンツを盗んで最後の冒険へと出発した。その車がギャングのも…

サンシャイン・クリーニング(SUNSHINE CLEANING)

かつては学園のアイドルだった姉のローズだが、30代の今は問題児の息子オスカーを抱えたシングルマザー。仕事も冴えないハウスキーパーで、おまけに学生時代の恋人と腐れ縁のまま不倫中。一方の妹ノラは、いまだに自立できずに父親と同居中。仕事も自覚が足…

踊れトスカーナ!(IL CICLONE)

本国イタリアで大ヒットを飛ばした、陽気なラブ・ストーリー。のどかな田舎町で退屈な日々を送っていた男と、突然現れたフラメンコ・ダンサーとの恋の行方を軸に、町人たちの人間模様をユーモアたっぷりに浮き彫りにしてゆく。イタリア、トスカーナ地方の田…

マン・オン・ワイヤー(MAN ON WIRE)

1974年、ニューヨーク。当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センターのツインタワー。ある時、その高くそびえる双子のビルの間を、鋼鉄のワイヤー1本で渡り歩く男の姿が目撃された。彼の名はフランスの若き大道芸人、フィリップ・プティ。当然無…

ヒトラーの贋札(DIE FALSCHER)

第二次世界大戦の最中、ナチスはイギリスの経済を混乱に陥れるため精巧な贋ポンド札の製造を計画する。この“ベルンハルト作戦”のため、ザクセンハウゼン強制収容所には、世界的贋作師サリー、印刷技師ブルガー、美校生のコーリャなどユダヤ系の技術者たちが…

酔いどれ詩人になるまえに(FACTOTUM)

アメリカの田舎町。“自称”詩人のヘンリー・チナスキーだったが、原稿は出版社に相手にもされず、食うために働くものの、いつも酒で失敗してすぐクビになってしまう。そんなある日、彼はバーでジャンという名の女と出会う。三日後には彼女の家に転がり込み、…

タロットカード殺人事件(SCOOP)

ウディ・アレン監督が「マッチポイント」に続いて再びロンドンを舞台に描く軽妙な犯罪ミステリー・コメディ。マジックショーの最中に新聞記者の幽霊から連続殺人事件の真犯人という一大スクープを託された快活なアメリカ人女子大生が、真相を探るため三流奇…

花蓮の夏(盛夏光年)

台湾東部にある花蓮を舞台に、男二人と女一人が織りなす同性愛を絡めた三角関係を瑞々しく描いた青春ストーリー。監督は台湾の新鋭レスト・チェン。小学校からの幼なじみ、ジェンシン(惑星)とショウヘン(恒星)。二人は先生の言いつけで、情緒不安定でク…

ミス・ポター(MISS POTTER)

1902年のロンドン。世の中には、まだヴィクトリア王朝時代の封建的な風潮が残り、上流階級の女性が仕事を持つなど考えられなかった。そんな中、裕福な家庭に育った32歳の独身女性ビアトリクス・ポターは、幼少の頃に湖水地方で出逢った動物たちの物語を絵本…

PLASTIC CITY プラスティック・シティ(PLASTIC CITY)

幼い頃にアマゾンのジャングルでアジア系ブラジル人のユダに拾われ、息子のように育てられた日系ブラジル人のキリン。青年となった今では、ユダの右腕としてショッピングモールの闇家業に従事する日々。そんな中、裏社会を仕切るユダの失脚を狙う勢力が台頭…

ダイエット・ラブ(痩身男女)

香港映画観る人じゃないと見向きもしない映画なのが残念です。まあまあおもろいです。 アンディ・ラウもサミー・チェンもすごく日本語を頑張っている。日本が舞台の意味があんまりないのがまた意味不明で香港映画らしい。 デブのアンディはいつもの鷲っぽさ…

マッスルモンク(RUNNING ON KARMA)

大切な人を失ったことが原因で、他人の前世での業(カルマ)が見え、その人の死因を予知する能力を有したビッグガイ。しかし、そのことで因果の非情さを悟り、僧衣を脱ぐ結果となってしまった。いまではその類い希な筋肉美を活かしてストリッパーをするなど…

ディナーラッシュ(DINNER RUSH)

冬のニューヨーク、トライベッカ。イタリアン・レストラン“ジジーノ”のオーナー、ルイスは、長年のビジネスパートナー、エンリコがギャングに殺害されたことを知り気分が滅入っていた。もう一つルイスを悩ませていたのは、彼の息子ウードの存在。イタリア帰…

頑張れ!グムスン(SAVING MY HUBBY)

非常にありがち。 グルグルグルグル旦那を探して回ってるだけでなんらストーリーの変化はない。 いつも思うのだが、こういう映画をつくってどーするんだろうか……もったいない。 (2009年1月6日・DVDで)頑張れ!グムスン [DVD]出版社/メーカー: エスピーオー…

ブリジット・ジョーンズの日記(BRIDGET JONES'S DIARY)

日本を含む世界各国でベストセラーとなったヘレン・フィールディングの同名小説を映画化した爽やかコメディ。30代の独身女性をヒロインに、仕事に恋にダイエットに悪戦苦闘しながらも常にポジティブに生きる等身大の女性像を描き同世代の女性の強い共感を得…

サンキュー・スモーキング(THANK YOU FOR SMOKING)

タバコ研究アカデミーのPRマンをするニック・ネイラーは、厳しさを増すタバコへの攻撃をかわすため連日マスコミの矢面に立って戦い続ける業界の顔。中でも、パッケージにドクロマークを、と息巻くフィニスター上院議員は目下最大の懸案事項。そんなある日…

オーロラ(AURORE)

ドキュメンタリー「エトワール」でパリ・オペラ座の世界をカメラに収めたニルス・タヴェルニエ監督が、そのパリ・オペラ座のトップ・ダンサーたちを贅沢に起用し撮り上げた幻想的な劇映画。そこは踊りを禁じられた王国。ところが王女オーロラは誰よりも踊り…

前世紀探険(CESTA DO PRAVEKU)

時間の川をさかのぼり、古代を探険することとなった4人の少年たち。その世界の空には始祖鳥や翼竜がはばたき、さらに4人の眼前では恐竜同士の激しくも過酷なバトルが繰り広げられる。古代世界を舞台に彼らのサバイバルが始まった。 実写とアニメを組み合わせ…

ベジャール、バレエ、リュミエール(B COMME BEJART)

2001年2月。モーリス・ベジャール率いるベジャール・バレエ団では、新作舞台「リュミエール」の準備が進められていた。“リュミエール=光”をコンセプトに、映画やバッハ、シャンソンといったものを重層的に織り込んだ壮大なバレエ。稽古場でダンサー一人ひと…

かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート(龍虎門)

親と生き別れ、行き場を失った子どもたちが最後に流れ着く場所“龍虎門(ドラゴン・タイガー・ゲート)”。ここで育ったタイガーは、今では兄貴分的存在として道場仲間から慕われていた。ある日、正義感にあふれるタイガーは、悪の秘密結社“江湖(コンウー)”…

満員電車

コミカルホラーというジャンルでいいのでしょうか。 現代社会の息苦しさを延々描いているが、飄々とした登場人物のせいかそこまでシリアスには感じない。超前向きな川口浩を見ているとちょっとおかしみさえ感じる。それが狂ってるってことかもしれないが。 …

花と怒涛

小林旭がかっちょいい。吉川晃司もしくはチョウ・ユンファを連想させる顔とスタイルだ。 この時代の俳優はぴしっとしつつ男くさい。最近じゃあとんと見かけない。話の内容はそう変わったものじゃない。 ただ飲み屋での小林旭演じる尾形と顔色の悪い殺し屋と…

スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー(EN KARLEKSHISTORIA)

15歳の少年ぺルは、ある日、素敵な少女と出会った。二人は互いに魅かれ合うが、恥ずかしくてうまく切り出せない……。若い男女の微笑ましい純愛を描いた青春ドラマ。 「ベニスに死す」の美少年・ビョルン・アンドレセンが主人公の友人として出てます。美しす…

愛おしき隣人(DU LEVANDE NOUS, LES VIVANTS)

2000年のカンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞した「散歩する惑星」で世界的に注目を集めたスウェーデンの鬼才ロイ・アンダーソン監督が、独特のユーモアで描く人間賛歌の不条理ドラマ。北欧のとある街を舞台に、夢と現実の狭間で繰り広げられる住人たちの悲喜…

絶対の愛(Time)

互いに深く愛する恋人たち、セヒとジウ。付き合い始めて2年を過ぎ、時の移ろいと共にセヒは次第に不安を募らせる。ジウが自分に飽きて他の女のもとに走ってしまうのではないかと。そんなある日、セヒは突然姿を消してしまう。セヒの行方を懸命に捜すジウだ…

驟雨

陰気な原節子が観れる。 しかし何の結論もなく紙風船を打ち合いながらお茶を濁して終わる……これが夫婦生活ってものかもしれまへんな。(2008年6月・日本映画専門チャンネルで)